布団をクリーニングに出す頻度をご紹介しています

お店選びのポイント料金相場ってどのくらい? 家庭の洗濯ポイント

布団はクリーニングに出したほうがいい?
最適な頻度を解説

布団を洗う最適な頻度は「半年に1回」

布団を洗う理想的な頻度は、半年~1年に1回程度と言われています。干すだけでは落ちないダニやダニの糞を洗うことで除去できますので、より清潔な状態を保つことができます。

布団を洗う最適な頻度は「半年に1回」

こまめに布団のケアをしていても、どうしてもダニの好物である体の汚れやフケなどが布団の中に溜まってしまいます。また、シーツや枕カバーなどをしっかり取り替えている場合でも、中綿や羽毛部分にダニの好む汚れが蓄積します。特に、普段の生活が忙しくて布団のお手入れを定期的にできない人は、半年に1度くらいの頻度で布団の洗濯をすることをおすすめします。

ただ、布団を半年に1度の頻度で洗うことはかなり大変な作業ですよね。そんなときに役立つのが宅配クリーニングです。

布団は宅配クリーニングが便利!

自宅で布団を洗うのは非常に骨の折れる作業です。家庭の洗濯機で洗える布団だったとしても、洗濯機のサイズによってはぎゅうぎゅうになってしっかり洗えていないこともあります。

また、布団は洗うだけでなく干すのも大仕事です。例えば4人家族の場合、1日1~2枚を洗って干せたとしても2日以上かかります。その間、毎日の洗濯物を干すスペースを確保することが難しい住宅事情だという人も多いですよね。お天気がよくても2日以上時間を取られ、その間も毎日の洗濯物は溜まります。さらに干している最中に雨が降り出したりすると最初からやり直しになってしまうので、へとへとになりますよね。衣替えの季節は布団も夏用から冬用、あるいはその逆に変える時期で洗うのにちょうどいいタイミングですが、その頃は梅雨や秋雨など雨の降りやすい季節でもあります。

1年に2回クリーニングに出すことで、布団の洗濯にかかる時間や労力から解放されると考えると、クリーニングにかかる費用はリーズナブルなものではないでしょうか。それに、自宅で洗うよりもプロのクリーニング業者に任せた方が布団へのダメージも少なく汚れをしっかり落としてくれるので、布団のもちもよくなって長い目で見るとお得かもしれません。

布団のカビ対策

クリーニングから戻ってきた布団は、できるだけ長くそのまま綺麗な状態を保ちたいですよね。カビなど生えてしまっては、また家で洗ったりクリーニングに出したりしなければいけなくなります。自宅で出来るカビ対策はしっかり行っていきましょう。

布団のカビ対策

布団を畳やフローリングに敷くスタイルとベッドに敷くスタイルでは、カビ対策の大きなポイントはほとんど同じです。どんなスタイルで寝ていてもカビ対策で大切なことは、天日干しです。日光のパワーで布団をしっかり除菌することがカビの防止になります。

また、汗をかきやすい人はすのこタイプのベッドを利用したり、和室に布団を敷く場合でもすのこやござを敷いたりすると寝ている間の風通しもよくなります。カビの繁殖の温床となる湿気を布団に溜めないようにしておきましょう。

口コミが良い
宅配クリーニング業者ランキング
せんたく便
せんたく便
ネクシー
ネクシー
リアクア
初めてでも安心できる
宅配クリーニング業者選びのポイント
依頼できる衣類ってどんなものがあるの?
料金相場ってどれくらい?
宅配クリーニングの主な流れを紹介
宅配クリーニングVS店舗クリーニング!どっちがいいの??
利用前の不安と解決法
スーツをクリーニングに出す頻度はどれくらい?
コートをクリーニングに出さないのはダメ?効果や最適な頻度を解説
布団はクリーニングに出したほうがいい?最適な頻度を解説
家庭の洗濯で
失敗しないポイントを紹介
失敗しない!家でコートやセータを洗う方法
イヤなニオイとさよなら!
梅雨の時期も安心の部屋干し方法