コートをクリーニングに出す頻度をご紹介しています

お店選びのポイント料金相場ってどのくらい? 家庭の洗濯ポイント

コートをクリーニングに出さないのはダメ?
効果や最適な頻度を解説

コートのクリーニングって必要?

コートをクリーニングに出すと高いので、はっきりと汚れがついてしまったとき以外はそのまま着続けるという人もいると思います。ただ、汚れの目立たない色味のものでも、女性のコートの襟元には、うっすら化粧品の汚れがついていることがよくあります。また、毎日同じコートを着て通勤していると、自分自身の汗や汚れだけでなく、満員電車で気づかないうちにシミが付いてしまっていることもあります。

コートのクリーニングって必要?

汚れがついてしまったコートをそのままクローゼットで保管すると虫食いの原因になります。 特に、クリーニングを推奨する表示がコートに付いている場合や長く着たいコートについては、定期的にクリーニングを利用することをおすすめします。

ズバリ、クリーニングに出す最適な頻度は?

コートをクリーニングに出すタイミングとしては、シーズンが終わって収納する前に1度だけ出すという人が多いのではないかと思いますが、クリーニングに出す最適な頻度はどのくらいでしょうか?

多くの人が意識せずにクリーニングに出している「1シーズンに1回程度」というのは、コートの生地を痛めないためには最適な頻度だと言われています。ただ、目に見えて汚れてしまった場合は、できるだけ早くクリーニングに出す方がよいでしょう。汚れは、時間が経てば経つほど落ちにくくなってしまうからです。

また、毎日同じコートで通勤している場合は、「1シーズンに2回程度」クリーニングに出すことをおすすめします。年末に休みがある人は、通勤用コートが必要なくなる年末年始に1回、春先に収納してしまう前にもう1回、計2回出すようにするとよいでしょう。

1年に2回コートをクリーニングに出すとなると、気になるのは費用です。でも宅配クリーニングにまとめて出せば店舗に単品で出すよりも割安になります。家族みんなの通勤や通学のコート、ついでに冬物のワンピースなどもあわせて10点ほどまとめて出したりするとかなりお得になるクリーニングサービスもあります。また、コートはかさばるので店舗に出すのが億劫であまりクリーニングを利用していないという人にも宅配クリーニングは便利ですね。

コートの上手な保管方法

コートをクリーニングに出す頻度をご説明してきましたが、クリーニングから戻ってきたコートをどのように保管したらよいのかわからないまま、なんとなくクローゼットに収納してしまっている人も多いと思います。

クリーニングから戻ってきたコートは、たいていビニール袋で覆われていることが多いですよね。そして、このビニール袋を外さない方が汚れをつけないで保管できると考えて、外さないで収納してしまっている人もいると思います。けれども、この方法は間違いです。

コートの上手な保管方法

必ず、ビニール袋は外して収納するようにしてください。なぜなら、クリーニングに使った薬品類が、生地から完全に蒸発していないことがあるからです。そのため、ビニール袋を外して完全に蒸発させなければ、コートの生地を傷めてしまうこともあります。

クリーニングから戻ってきたコートは、まずビニール袋を外して1~2日程度そのまま吊して干しましょう。コート用の通気性のよい不繊維タイプの収納カバーが100円ショップやスーパーなどで購入できますので、干し終わったらこの不繊維カバーをしてクローゼットにしまいましょう。これが、コートを傷めないように収納する最適な方法です。

口コミが良い
宅配クリーニング業者ランキング
せんたく便
せんたく便
ネクシー
ネクシー
リアクア
初めてでも安心できる
宅配クリーニング業者選びのポイント
依頼できる衣類ってどんなものがあるの?
料金相場ってどれくらい?
宅配クリーニングの主な流れを紹介
宅配クリーニングVS店舗クリーニング!どっちがいいの??
利用前の不安と解決法
スーツをクリーニングに出す頻度はどれくらい?
コートをクリーニングに出さないのはダメ?効果や最適な頻度を解説
布団はクリーニングに出したほうがいい?最適な頻度を解説
家庭の洗濯で
失敗しないポイントを紹介
失敗しない!家でコートやセータを洗う方法
イヤなニオイとさよなら!
梅雨の時期も安心の部屋干し方法