家庭の洗濯で失敗しないポイントをご紹介しています

お店選びのポイント料金相場ってどのくらい? 家庭の洗濯ポイント

家庭の洗濯で失敗しないポイントを紹介

ポイント①洗濯表示をチェックしよう

衣類のタグにある洗濯表示に従って洗濯をすることが、家庭での洗濯で失敗をしない最も重要なポイントになります。中にはプロのクリーニング業者に依頼しないと洗えないものもあるので、必ず事前にチェックするようにしましょう。

ポイント②洗濯機は入れ過ぎに注意

家庭の洗濯でよくやりがちなのは、面倒な洗濯を一回で終わらせようと、ぎゅうぎゅうに詰め込んで洗濯機を回してしまうことです。
そうすると多すぎる洗濯物が水流を妨げるので、見た感じはきれいになっていても洗い残しができてしまいます。その結果、汚れがきちんと落ちていなかったり、衣類同士が絡みやすく破れやすくなったりします。
また、洗剤も均等に行き渡らないので、洗濯物に洗剤の成分が残ったり、色落ちしたりする原因にもつながります。逆に洗濯物の量が少なすぎるのも、水流がうまく活用されず空回りしてしまうのでよくありません。
洗濯物の量は多すぎても少なすぎても、汚れ落ちは悪くなりきれいに洗うことができません。洗濯物は7~8分目を目安に洗濯機に入れましょう。

ポイント③洗濯ネットを活用しよう

洗濯ネットは、ネット内の衣類を守るだけではなく、毛玉や色落ちの防止に役立つほか、糸くずやほこりをつきにくくしたり、型崩れを少なくしたりします。より効果的に活用するには、衣類を種類別に分けて洗濯機に入れましょう。また、洗濯ネットの大きさや形によって洗うものを変えるのもポイントです。目の細かいネットは下着などのデリケートな衣類に適していて、サイズはぴったりとした小さめのものがベストです。逆に、目の粗いネットは汚れの気になるものをしっかり洗いたい時に使うのが適しています。形は筒形や丸形を選ぶといいでしょう。シワや生地の傷みを防ぎたい時は角型の薄いタイプが合っています。
洗濯ネットに入れる衣類の量はネットの7割くらいが目安です。

ポイント④衣類に合った洗剤を使おう

合わない洗剤を使うと、汚れは落ちていても衣類にダメージを与えてしまう原因になります。洗濯を失敗しないようにするためにも、きちんと衣類に合った洗剤を使いましょう。
洗剤は「中性洗剤」と「弱アルカリ性洗剤」の2つに分かれていて、一般的に家庭用で使用されているのは汚れ落ちの良い弱アルカリ性のタイプです。綿やポリエステル、ナイロン、麻などはどちらの洗剤を使っても問題はありませんが、ウールや絹などのデリケートな素材はアルカリ性に弱いので布へのダメージが少ない中性洗剤を選ぶようにしましょう。上記の2種類以外に、ドライクリーニングマークや水洗い不可のマークが付いている衣類を家庭の洗濯機で洗う際に使うための特殊な洗剤もあります。お気に入りの洋服は色落ちなどの失敗をしたくないので、クリーニング店にお任せした方が無難ですが、普段着をクリーニング出す時間が無い時などは表示に従えばホームクリーニングができるのでひとつ持っておくと便利です。

口コミが良い
宅配クリーニング業者ランキング
せんたく便
せんたく便
ネクシー
ネクシー
リアクア
初めてでも安心できる
宅配クリーニング業者選びのポイント
依頼できる衣類ってどんなものがあるの?
料金相場ってどれくらい?
宅配クリーニングの主な流れを紹介
宅配クリーニングVS店舗クリーニング!どっちがいいの??
利用前の不安と解決法
スーツをクリーニングに出す頻度はどれくらい?
コートをクリーニングに出さないのはダメ?効果や最適な頻度を解説
布団はクリーニングに出したほうがいい?最適な頻度を解説
家庭の洗濯で
失敗しないポイントを紹介
失敗しない!家でコートやセータを洗う方法
イヤなニオイとさよなら!
梅雨の時期も安心の部屋干し方法